mitchga ミチーガ(ネモリズマブ)

ミチーガとは

ミチーガとは

当クリニックではアトピー性皮膚炎治療薬 ミチーガ(ネモリズマブ)を使用した治療を行っております。
ミチーガは2022年8月8日に発売された「かゆみを抑える」ことに特化したアトピー性皮膚炎の生物学的製剤です。
ミチーガという名前はmitigate(軽減する)とitch(痒み)を組み合わせたMitigate the Itch(かゆみを和らげる)が由来で、アトピー性皮膚炎の患者さんをもっとも苦しませるかゆみから解放し、QOL(生活の質)の向上した快適な日常を過ごしてほしいという思いが込められて命名されました。

ミチーガの特徴

アトピー性皮膚炎の方の皮膚ではサイトカイン(IL-4、IL-13、IL-31など)と呼ばれる物質が皮膚のバリア低下や炎症を引き起こします。
そのためアトピー性皮膚炎になると皮膚に赤みやブツブツが出たり、強いかゆみが発症します。
このかゆみの原因となるのがTh2細胞から産生されるIL-31で、末梢神経に発現するIL-31RA(IL-31受容体)に作用することでかゆみを誘発します。
ミチーガはこのIL-31RAと結合することにより、IL-31との結合を阻害し、かゆみの信号が脳へと伝わりにくくなるためかゆみが抑制されます。

アトピー性皮膚炎は、かゆみのため皮膚をひっかいてしまいさらにバリア低下と炎症が起こる悪循環(Itch-Scratch サイクル)を繰り返してしまうことがあります。
ミチーガを使用することによりItch-Scratch サイクルおよび集中力の低下、睡眠障害を改善し、アトピー性皮膚炎患者さんのQOLを向上します。

治療の対象となる方

  • 6歳以上でアトピー性皮膚炎の方
  • 従来の治療薬を一定期間使用してもかゆみが改善しない方

ミチーガの投与に注意が必要な方

  • 妊娠中または妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 長期間ステロイド内服療法を受けている方

ミチーガの投与スケジュール

ミチーガの投与スケジュール
  • 4週間ごとに1回60mgを皮下注射します(院内のみ)
  • 腹部、大腿部、上腕部と毎回部位を変えて注射します
魚
魚
泡
泡

大岡山こどもアレルギークリニック clinic

クリニック名
大岡山こどもアレルギークリニック
院長
山本 佳樹(やまもと よしき)
住 所
〒145-0062 大田区北千束3-25-15
最寄駅
東急電鉄「大岡山」駅より徒歩2分
電話番号
03-3720-2525