dupixent デュピクセント(デュピルマブ)

デュピクセントとは

デュピクセント

当クリニックではアトピー性皮膚炎治療薬「デュピクセント(デュピルマブ)」を使用した治療を行っております。

デュピクセントは国内では2018年4月23日に発売されました。
アトピー性皮膚炎は「炎症」「かゆみ」「バリア機能低下」の3つの要素が関係しあい、悪循環を形成します。どれか1つだけではなく、3つすべてに着目し、良い状態を長く維持することが大切です。
デュピクセントは「IL-4」と「IL-13」という物質のはたらきを直接おさえることで、「炎症」「かゆみ」「バリア機能低下」のすべてに対する効果が期待できます。

デュピクセントの特徴

デュピクセントはIL-4/13によるシグナル伝達を阻害する、世界初のヒト型抗ヒトIL-4/13受容体モノクローナル抗体(生物学的製剤)です。
アトピー性皮膚炎の病態形成において、2型炎症とよばれる炎症反応が重要な役割を果たしています。
デュピクセントは、2型炎症反応に関与するサイトカインの中で主要な役割を果たすIL-4及びIL-13を標的とすることで、今までの治療で十分な効果が得られなかった中等症以上のアトピー性皮膚炎の患者さんに対して、高い改善効果と安全性を有する治療薬であると考えられます。

さらに2023年9月25日、生後6ヵ月以上の小児アトピー性皮膚炎の適応が承認されました。日本で初めて生後6ヶ月から全年齢で使用できる生物学的製剤となります。

デュピクセント
デュピクセント

【デュピクセントに関する最新の話題】

治療の対象となる方

デュピクセントに関する最新の話題
  • 生後6か月以上のアトピー性皮膚炎の方
  • ステロイド外用薬・プロトピック軟膏などの抗炎症外用薬を一定期間投与しても十分な効果が得られない方

デュピクセントの投与に注意が必要な方

  • 生ワクチンを接種する予定のある方
  • 喘息などの他のアレルギー性疾患をお持ちの方
  • 妊娠中または妊娠している可能性のある方、授乳中の方
  • 長期間ステロイド内服療法を受けている方

デュピクセントの投与スケジュール

  • 成人:初回600mg(2本)、その後は1回300mg(1本)を2週間隔で皮下投与する
  • 小児・4週もしくは2週間隔で皮下投与する(用量用法は体重により異なる)
    ※詳しくは医師までお尋ねください。

デュピクセントの自己注射について

デュピクセントは自己注射が認められており、当院で指導を受けて自己注射の手技が問題ない方はご自身での注射が可能となります。自己注射のメリットは下記の通りです。
①通院に伴うスケジュールの制約、時間の負担が軽減できる
②高額療養費制度を用いて自己負担額を減額できる可能性がある(※ご所得による)
当院で院内注射を行うか、自己注射へ移行するかはご相談しながら決めさせていただきます。医療費に関する具体的な内容は販売元のホームページで詳しく確認できます。
デュピクセント®の薬剤費と医療費助成制度について

デュピクセントの自己注射について
デュピクセントの自己注射について

デュピクセントの医療費について

デュピクセントを使用された当院の患者様より効果に関して非常に満足頂いております。
一方で、これまでの治療からは自己負担が増えるので「継続できるか心配」というお声もいただきます。
現在、医療費助成に関しては様々な制度がございますので、ご希望の方は販売元のデュピクセント相談室0120-50-4970(ゴーヨクナレ)にて平日9:00~17:00に専任スタッフが対応していただけます。気になる方は是非一度にお問合せください。

デュピクセントの副作用について

デュピクセントはアトピー性皮膚炎の原因とされる免疫にピンポイントに作用することで、 副作用が少なく安全にお使いいただける薬剤です。重篤な副作用報告はほぼありません。 比較的多くみられる副作用としては注射部位反応や結膜炎が出ることがありますので、必要に応じて眼科等の受診をお願いしております。 デュピクセントを使用中の当院の患者様で何か気になる症状がありましたら、医師までお問い合わせください。

デュピクセントが使用できるその他の適応症

  • 結節性痒疹
  • 特発性の慢性蕁麻疹
  • 喘息
  • 鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎

それぞれ対象となる年齢・治療に必要な条件が異なりますので、お問い合わせください。

魚
魚
泡
泡

大岡山こどもアレルギークリニック clinic

クリニック名
大岡山こどもアレルギークリニック
院長
山本 佳樹(やまもと よしき)
住 所
〒145-0062 大田区北千束3-25-15
最寄駅
東急電鉄「大岡山」駅より徒歩2分
電話番号
03-3720-2525